経理,会計の人材派遣,就職,転職,人材紹介,採用のSKC 経理派遣のSKC
0120-987-758
 
 

紹介予定派遣(Temp to parm)とは・・・?
職員雇用を前提として、派遣社員を一定期間受け入れ、派遣期間中に本人の能力・適正などを見極めた上で職員として採用するかどうかを判断できる新しいシステムです。


 
 
 
 
労働者派遣契約に従い、業務に職員就業が可能な人材を派遣させていただきます。
契約期間中、スキル・勤怠など様々な要素の見極めが重要です。

 
 
   
 
 
紹介受け入れの確認を行います。

 
 
   
 
 
労働者派遣終了後、十分見極めた人材を採用することが可能です。
貴社の採用試験と面接後社員として採用判断をしていただけます。

 
 
 
  今まさに業務がピークで、すぐに人は欲しいが、派遣ではなく社員を採用したい。
 
  派遣契約後、職員での採用が可能です。
   
  社員の採用をしたいが、時間がかかるし、募集コストや採用業務負担が大きすぎる。
 
  採用業務負担とコストを軽減できます。
   
  しばらく様子をみてから採用しないと、実際のスキルは判断できない。
 
  十分な見極め期間が設定可能です。
   
  派遣契約のスタッフが自社ノウハウを熟知し、社員として末永く必要となった。
 
  まさに即戦力の採用が可能です。
 
 
■紹介手数料
紹介手数料は、労働者の初年度年収の一定割合となります。
(派遣契約期間によって利率は変動します。)
 
■紹介予定派遣導入にあたっての注意点
1.2004年3月に労働派遣法が改正され、派遣期間開始以前の面接や履歴書の送付が可能になりました。
2.紹介予定派遣であることを、3者(派遣先、派遣スタッフ、派遣元)合意の上で契約を行います。
3.派遣上限は6ヶ月とさせていただきます。
4.紹介予定派遣の契約自体はその都度完結するため、延長という概念はあてはまりません。
   但し、3者合意の上で、紹介予定派遣契約の再締結は可能です。
5.派遣先が職業紹介を断る場合は、その理由を派遣元に通知しなければなりません。
6.派遣期間が終了し、社員として雇用する際には、改めて試用期間を設けることは出来ません。
 
 
 
人材派遣業務 | 紹介予定派遣の仕組み | 人材紹介の仕組み | 料金 | よくあるご質問 | 資料請求
経理 転職 経理派遣のSKC